のべれびゅ
ラノベレビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金の王子と銀の悪魔 神の眠る国の物語
金の王子と銀の悪魔 神の眠る国の物語
剛 しいら
「神の祝福を受けるのは、誰──!? いよいよ隣国ハッシュウィルがシーナが滞在するゴシュラムにまでその手を伸ばしてきた。シーナは、祖国の敵をうつため、また密かに想いを寄せるゴート王のため、双子の兄・アレンの姿でゴシュラムの兵を率いて戦うことを決意するが──!? お待たせいたしました! 大好評ヒロイックファンタジー第2弾、いよいよ登場!!」

戦争の話はあまりされず、恋愛や日常等の話がメイン。
爆破したり、レディ騎士に本当は女なのではと疑われたり、踊ったりする。

シーナが女の姿でいる所をゴート王に見つかってしまったり、
アレンの症状の話も進んだりと、それなり話は進んでいる印象。

今回は日常などの話がメインでしたが、戦争方面の話がこれからどうなっていくのか。ウラルの強すぎる力のせいで戦争が無駄な物になっているだけに、これをどうしていくのか…。
いまいちウラルが何をしたいのか解らなかったり、重要設定の説明部分が投げっぱなしだったりで、引っかかるものが多いのが何とも。

挿絵でレディ騎士登場。
何となくもっとキツめの顔を想像してましたが、こんな顔だったんですねぇ…。
これから登場キャラがどう絡んでくるか気になる所。何となくどういうカップリングになっていくか予想はつきますが…。
とりあえずレディ騎士に萌えつつ、一応次巻に期待。

スポンサーサイト

金の王子と金の姫 -神の眠る国の物語-
金の王子と金の姫 -神の眠る国の物語-
剛 しいら
「“神が守りし王国”ウラルの王が誇る美貌の双子。彼らの運命は王国が戦に負けた瞬間から大きく動き始めた。逃げ延びる途中、兄のアレンと離れ離れになってしまった妹姫シーナは、唯一持ち出した神像を壊してしまう。そして、それはウラルの神の永き眠りを覚醒めさせることに……。受け皿をなくしてしまった神を身体に受け入れその力を得たシーナは、兄の姿になり隣国の王に仕えることにしたのだが──!?」

婚約者のいる隣国の王、ゴートを好きになってしまうシーナ。
ゴート王に惹かれていくような描写も無く、突然好きになっている展開に珈琲噴出。

戦争云々は、戦い方を殆ど知らない平和な国・ゴシュラムに、
ウラル(シーナ)が議会で多くの発案をし、兵力を増強し纏めてゆく…という話。
神のウラルが、自由に生き物に寄生し乗っ取ることが可能――という事で、どう考えてもウラル一人でこの戦争を終わらせれる気がしますが。
ウラルの強すぎる力が戦争パートを完全に無駄なものにしてしまってるのが何とも。

端折ってるからなのか、何なのか。
話を進ませる為の展開も意味不明なものが多く、登場人物が電波にしか見えない場面がしばしば。
続き物。しかも180ページしか無い為、殆ど話は進んでいません。序盤の雰囲気と恋愛方面の話は良かったので一応、次巻に期待。

次巻ではウラルが1日の内4時間寝てしまう弱点が追加。嘘です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。