fc2ブログ
のべれびゅ
ラノベレビュー
おと×まほ
おと×まほ
白瀬 修
「「今日から魔法少女になってね♪」ごく普通に暮らす高校生・白姫彼方は、母に魔法少女にされてしまった。いやがる彼方だが、なりゆきで変身して敵と戦うことに。クラスメイトの情報屋こと明日乃丈や無邪気な委員長に正体がばれることを恐れながら、街や学校に発生する敵=ノイズと戦う彼方。ヒトの言葉をしゃべる猫・モエルやもうひとりの魔法少女・グレイスと力を合わせ、今日も今日とて悪を倒す!?ドタバタ魔法少女コメディ!」

読み始めて2分で、衝撃の事実に顔が能面になった。
戦ったり、修行したり、コスプレを強要されたり、戦ったり、戦ったりします。

終盤になって突如、自分の外見について突然深く悩む主人公・彼方。
腰より下に髪伸ばしといて、今更それはねーよ。ってのもあるんですが、それに加えて彼方が髪を切らない理由の主人公母・此方の存在が序盤以降完全に空気な為、その辺りどうもピンと来ず。

情報屋の友達・明日野丈はほとんど情報を扱わず、
飼い猫・モエルの回想になにか意味でもあるのかと思えば特に無く、
もう一人の魔法少女・グレイスは何しに出てきたのか解らず。そして――委員長は可愛かった。

序盤で驚かされた以降は、単なる魔法少女物でしかなかったのが残念。
次巻は…猫に期待。と言いたい所だけど、オヤジキャラが…。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/114-e9f0461a