fc2ブログ
のべれびゅ
ラノベレビュー
零崎曲識の人間人間
零崎曲識の人間人間
西尾 維新
「『零崎一賊』——それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。
“少女趣味”<ボルトキープ>こと零崎曲識が、
一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。
一賊の結束はどうなるのか。
最強の“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!
新青春エンタの最前線がここにある!」


双識と子荻がデートしたり、えらい敵が出てきたり、赤色は最強にはまだ遠かったりする。

前作「零崎軋識の人間ノック 」では出てこなかった為、今巻、登場を期待したのですが…
そうか…この頃はまだ、姫ちゃんは澄百合学園にはいないのか…。

相変わらず、双識は変態で軋識はどこかヌケてます。
そして遂に本格的に登場した<ボルトキープ>こと零崎曲識は、零崎一賊の中で、誰よりも天然で、誰よりも真っ直ぐでいて――そして誰よりも禍々しい存在。
しかし双識にしろ曲識にしろ、一体どこまでがそういう“キャラ”なのか分からない。そこが魅力でもあるのだけど。軋識は、まぁアレなんだけども。

人識はすっかり、ツッコミキャラ&イジられキャラのポジションに。
しかし伊織にイジられながらも、傍に居続ける姿は微笑ましくもあったり。そして、天然さを発揮する曲識との会話には噴出してしまった。確かに“めちゃくちゃ”だ。

そして曲識の得物「ファゴット」
いやぁ…てっきり、ミッドバレイ・ザ・ホーンフリークのような――――。
4編収録で、最後は何とも切ない話。零崎一賊というものに。そして零崎曲識という男に。

人間ノックの時と同じく、TCG「零崎一賊の人間コロシアム」の第2弾が収録。
人間シリーズ最終作「零崎人識の人間関係」も大いに期待。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/178-7d582951