fc2ブログ
のべれびゅ
ラノベレビュー
鬼器戦記
鬼器戦記
渡辺 仙州
「鬼龍」は死者の怨念の集合体。高校二年生の夏樹は「鬼龍」と闘うことを義務づけられた「操鬼師」の家系にうまれた。最愛の姉を「鬼龍」に殺され、妹を守りながら、「鬼龍」との闘いに明け暮れる。そんなある日、ひとりの「操鬼師」の少女・春花が現れ、「今日から私がおまえの姉だ」などと言いだす。一体、何が目的なのか?疑惑の中で続く続く闘いの日々、そして…!」

「天帝機構」からの命令で、日々「鬼龍」を倒す高校生とその家族の話。

シスコン主人公が異分子である春花にひたすらイライラし、そんな主人公にイライラと。
まぁそれはストーリー的に仕方無かったのだけど。

書きたかった物は分かるけど、主人公が嫌な奴にしか見えなかったせいで、どうにものれず。
鬼龍だの操鬼師だのは、書きたかった物のつけ合わせ程度の話なので、それにも興味が持てず、兄妹の前に現れた少女・春花にもあまり魅力は感じられず…。

多分完結。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/194-0e7cb983