fc2ブログ
のべれびゅ
ラノベレビュー
死なない男に恋した少女
死なない男に恋した少女
空埜一樹
「一見、普通の高校生に見える主人公・乃出狗人。だが、彼にはある特別な能力があった。それは「不死身」であること。蹴っても殴っても刺しても死なないのである。そんな不死の男に、美少女にして天才殺人鬼・桐崎恭子が想いを寄せる。理由は、「いくら刺しても死なないから」。鬼才が贈る一風変わったアクションラブコメディー、ここに開幕。」

普通だ…。

刺したり、刺されたり、陰謀渦巻いたり。
人を刺す事でしか性的欲求を満たせない少女と不死身の男の子の話。
主人公とヒロインの設定は特殊ですが、話の大筋に目新しい物は無し。

あらすじではラブコメらしいけど、ラブコメ成分は薄め。
会って早々に付き合い始めて、たまに不死身の主人公をプスプス刺す。こんなもんかと何とも拍子抜け。その後は殺人鬼VS殺人鬼の対決が始まり、終盤はこれまでの黒幕が…と、全く興味の無い方向に話は進んで行ってしまった。

次巻想定の続き物だけど…ラブコメ方面への期待は持てないし…話広がるのかな。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/210-ba6c5da5