fc2ブログ
のべれびゅ
ラノベレビュー
レンタルマギカ 魔法使いの妹
レンタルマギカ 魔法使いの妹
三田 誠
「兄がいつもお世話になっております!」“アストラル”の平穏を打ち破る来訪者。それはいつきの義妹・伊庭勇花だった。魔法使いの存在を悟られまいとあわてふためくいつきだったが、勇花の口から、魔法使いを貸して欲しいという依頼が―「魔法使いの告白」。巫女装束を着せられ怪しげな会社で働かされているというみかんを救おうとする教師の奮闘を描く「魔法使いと家庭訪問」など、“螺旋なる蛇”との異種魔法対決前夜編。 」

レンタルマギカはもう切ってたのだけど、ついに義妹が登場というのなら話は別なのだ。

思うに未読の既刊2冊―「魔法使いの記憶」は短編で、「ありし日の魔法使い」は過去編。
今巻「魔法使いの妹」もまた短編…という事で別に読まなくても問題無いだろう…。多分。

遂に出てきた妹・勇花。こういう展開の話になるとは…。
電話では登場していたのでキャラは掴めてたけど、こういう姿だったんだねぇ…。話自体は面白そうな雰囲気を出しつつも、ぼんやり終わってしまい、残念。穂波はもうすっかりメインヒロインの座から…。

正直、螺旋なる蛇だの、フィンだのに全く興味が湧かないのだけど…。
ようやく次巻で2部はクライマックスへ…。3部に期待――と思ったけど、2部に入る前から螺旋なる蛇だの何だのでグダグダやってたのを思い出す。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/216-c99a23c0