のべれびゅ
ラノベレビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


魔王さんちの勇者さま
魔王さんちの勇者さま
はむばね/徳間デュアル文庫
「澄人は16歳になった瞬間にたたき起こされ、父親から「勇者となって世界を救え!」と言われる。てきとーな返事をして二度寝。目覚めたら、見慣れない世界にいた。そんな澄人の前に〈魔王様〉が現れた!「我の部下になるというのならば、その命助けてやってもよいぞ」その言葉を聞いて、「そっちでお願いします」と、いうわけで、勇者の澄人は魔王の手下になり、魔王の姫の付き人としての生活が始まった! 」

突然勇者として異世界へ送還。「部下になるなら命を助けよう」という魔王の提案を即座に飲み、魔王の娘・サフラのお守り役に。魔王すらも超える魔力を持つせいで皆に恐れられ、心に壁を作るサフラの心を氷解させて行く…という話。

王道ではあったけど、でもこんな話あたい嫌いじゃないよ…と、
主人公・澄人が作る、紙飛行機やしゃぼん玉に目を輝かせるサフラにホンノリしてみる。
終盤、シリアスな流れになっても失速する事無く終わり、読後感も良かったです。

多分完結。記憶云々は伏線かと思ったけど、異世界暮らしでも問題無いようにする為のものなのかな。続きが出るのなら、姫様がああなっただけにどんな続きになるのか気になる所。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/243-9f9a3572



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。