のべれびゅ
ラノベレビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これはゾンビですか? 1 はい、魔装少女です
これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です
木村 心一
「俺―地味な高校生だったはずの相川歩は、連続一家殺害事件に巻き込まれ、殺されたはずだった…が、生きていた。事件直前に出会ったネクロマンサーの少女・ユーにより、ゾンビとして蘇ったという。そればかりか、魔法の世界から来た少女戦士ハルナに魔装少女に任命される。何それと思う間もなく吸血忍者の女の子まで出てきて、気づくと全員と同居―俺はいったい何やってんだ!?」

口絵の魔法少女の格好をした主人公・相川歩を見て、バカ小説だと期待して読んでいたら実はラブコメだった。そう思っていたらハーレム系小説…と思ったら異能力バトルアクションであった。

バカ小説と思って脳を使わずに読んでいたせいか、設定が妙にややこしくなった終盤辺りから何だかよく分からなくなってしまった。何てこった。
普通。色々な要素が主軸の話を極限までぼかし、何もかも中途半端に。結局こちらが全く期待していない方向に盛り上がって終わってしまった。まぁ…料理を作るハルナは可愛かったです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/244-20f0026c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。