のべれびゅ
ラノベレビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MIB(Maid in Black)
MIB(メイド イン ブラック)
柏葉 空十郎
「ある日、星人の家にUFOが落ちてきた。出てきたのは黒ずくめのメイド服に身を包んだ少女・アリア。自分達の存在を口外するなまではよかったが、馬鹿扱いされののしられ、人体実験まがいのことまでされる始末。そして学校にまで、星人を見張るため悪魔は転入してきた。だが、学校には星人の幼馴染みの美希がいて、転校生VS幼馴染みの戦いが勃発するのだが!?やりたい放題の暴走ラブコメ!」

MIB。Maid in Black。
別に期待していなかったけど、メイド成分は皆無。それでも何かしらのメイド要素はあるだろうなとは思ったけどさ…。まぁ、メイド服は出てきてましたよ、と。

人類を滅ぼそうとする宇宙人とそれを阻止しようとする宇宙人。UFO研究家の父が味方の宇宙人から預かった「ある物」の行方を息子・星人に託すが、星人にはその隠し場所に見当もつかず―と。

読んでも読んでも、その「ある物」が見つかる気配は無く、一向に話も進まない。これは一体…?と首を傾げていたら読み終わった。あらすじ見るにラブコメだったらしいけど、そのラブコメらしき部分は読んでいて何一つ心に響かなかった。VS幼馴染云々も、かなり初期で「アレ」だと解ってからは楽しめず。

何故か読後感は悪くなかったけど、伏線回収の心地よさが大きいからかな。本筋と登場人物自体にはいまいち魅力が無い為、次巻が出たとしても…。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/246-10b52009



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。