のべれびゅ
ラノベレビュー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放課後限定勇者さま。
放課後限定勇者さま。
七飯 宏隆
「『将来の夢はニート、もしくは引きこもり』である主人公・格里終夜は、なぜか突然異世界に召喚された。いかにもファンタジー世界な宮殿の中で、美少女から、「ともに魔王を倒してくれ」と誘われた。話を聞いてみると、どうやらぼくは勇者らしい…って、なんだ、このベタな展開は!?てか、ぼくはニート志望の高校生なんだけど。―そんなニート“勇者”が世界を救う!?学園×異世界で贈る露出系ハイブリッドストーリー!!」

異世界に勇者として召還される主人公・終夜。
仲間である他の勇者達の姿をいつも幻視で視ている姫・レイルーシカはそんな終夜を見て、呟く。
「……どなた?」

タイトルや口絵などから、魔王とかスルーして適当にハーレムしてる話だと思ってただけに、前半はコメディ、後半はシリアスとちゃんと作られてて何か驚いた。微エロシーンも時々入ってるけど、普段のヒロインの服装が一番エロいから困る。

レウルーシカのお付きのレギンレイヴ族――10匹ほどの見た目は猫である彼らが良かったなぁ。
この世界の「猫」などという愛玩動物とは違い、高貴な存在であるらしい彼ら。世間知らずでお人好しなレウルーシカについ魔がさしてエロスな事をしようとする主人公に目を光らし、常に上から目線。しかし、某動物まっしぐらなアレに、そうと知らず夢中になる姿が非常に可愛い。猫かわいいよ、猫。…イラストが不細工なのがアレだけど。

住人が死にまくった割りに、すぐにその世界から離脱してしまったのが何ともあっけなくて、ちょっと寂しかったり。最終的に主人公の能力が万能すぎる気もするけど、大丈夫なのかな…。伏線もかなりちりばめられているのでまだまだ解らない事だらけ。次巻も期待。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/249-2a316526



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。