fc2ブログ
のべれびゅ
ラノベレビュー
超鋼女セーラ
超鋼女セーラ
寺田 とものり
「彼女の名前は「来栖セーラ」、彼の名前は「瀬戸茸味」。ひょんなことから恋に落ちた二人。普通に恋をして、初々しい恋愛を始めます。でも、彼女には普通の女の子とは違うところがありました。それは、透明な刀を振り回すとか、腕のリングが高速回転するとか、そんなことではなくて…。そう、彼女は近接格闘戦用ロボット“超鋼女”だったのです!恋するロボ娘の学園ラブコメディ、開演。」

何という衛くん・・・表紙を見ただけでわくわくしてしまった。
始まった瞬間非常に強引で、かつ斜め上の伏線設定が出てくる辺り、あまり深く考えてはいけない作品なのかも知れない。
戦ったり、キスしたり、デートしたり、戦ったりと、ラブコメと戦闘が半々の小説。

頻繁に出てくる「番長能力」という単語。
それが一体何なのか解らないまま話は進む。伏線かと思いきや、説明も回収もされぬまま読了。調べてみると「超鋼女セーラ」は『番長学園!!大吟醸』なるTRPGに出てくるキャラらしく、知ってる人はニヤリっていうヤツらしい。知らない人はそれ関連の用語が出る度に引っかかる。

登場人物と戦闘が多すぎて圧迫されているせいか、主人公の心理描写がかなり急で強引。
「ファーストキス」云々、主人公が疑問に思うセリフ等がスルーされているのも気になった。

あとがきの「2巻はもうちょっとだけハードになる予定」とは話の内容の事だろうか。戦闘が多くなるという意味だったら…。今でさえ学園ラブコメというより、学園バトルと言った方が近い感じなので。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/54-73b86a5d

[寺田とものり] 超鋼女セーラ

春休みが終わり、今日から高校生活が始まる。新たな日々に胸をドキドキさせながら迎えた入学式で、茸味の運命は劇的に変わった。壇上で挨拶をしている生徒会長の来栖セーラは、先日、不良に絡まれていた茸味を助けて... booklines.net【2006/11/10 19:22】

超鋼女セーラ

超鋼女セーラposted with 簡単リンクくん at 2006.11. 5寺田 とものり著ホビージャパン (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る タイトルからして真面目な話ではないと想像がつくが、 いたって真面目にラブコメしつつところどころア Alles ist im Wandel【2006/11/10 23:36】

超鋼女セーラ 寺田 とものり

あのね・・・・・・わたしの・・・・・・この身体ってさ。 えっちなこと、で・・・・・・できるの、かな? 本を読みながら日記をつけるBlog【2007/01/11 14:02】