fc2ブログ
のべれびゅ
ラノベレビュー
星界の断章 Ⅱ
星界の断章 2
森岡 浩之/ハヤカワ文庫
「惑星マーティンの支配をめぐる裏交渉が明かされる「併呑」を始め、ラフィールと出会う前のジントが目撃したアーヴの真実に迫る「嫉妬」、ジントとサムソンが出会う「着任」、突撃艦搭乗直前のエクリュアの心情が語られる「童友」、ラフィールの修技館入学を祝う宴の模様を描く「祝福」、領地に向かうジントが新居を買う「転居」など、本篇では語られざるアーヴの歴史に隠された真実を暴いた、書き下ろし「墨守」を含む全12篇。」

断章Ⅱが発売されると聞き、また前巻のようなカオスな話かと思ったら、違うようで。

惑星マーティンが帝国に属する事となったアーヴ側の裏話。「併呑」
デルクトゥーでのミンチウ仲間達との話。「嫉妬」
初めてバースロイルに乗り込む頃の話をサムソン視点で書かれた「着任」等など。

特に「着任」のような話は読んでみたいと思っていただけに、嬉しかったです。本編の星界の戦旗では、あのメンツになって既に幾らか月日が経った感じからの始まりだったので。まぁページ数の関係上、どうにも物足りないのがアレですが…。

アーヴの性格や社会が解るような短編も、面白かったと言えば面白かったのだけど、ジントの2(3?)人しかいない部下の話や、主計修技館での3年間の話も読んでみたいなぁ…。
まぁ、部下達は存在が空気のままジントの所属が変わったので、語られる事はないでしょうけど。

ドラマCDの付録からの作品が殆どのようですが、
もしかすると、ドラマCD本体では上で挙げたような話が収録されてたりするんでしょうか。
と、期待して調べてみたのですが、ドラマCDの内容は小説の内容と同じらしく、オリジナルストーリーって訳じゃないんですね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://visnu.blog49.fc2.com/tb.php/97-17d15651

[森岡浩之] 星界の断章 2

ジントの父親が主権を放棄したときの裏側の話や、本編で仲間になってる人たちの、過去のお話など、こんなことがあったのかとか、こういうやり取りがあったなんてね(にやり)、みたいなお話が詰まった十二編からなる... booklines.net【2007/03/29 17:18】